マルチプレクサーシステム D2000シリーズ

D2000温度マルチプレクサーは危険場所における温度測定のために特別に設計されました。; 温度測定には低電力を十分活用できることを念頭に開発されました。
危険場所設置のフィールドユニットは防爆認証された電源を必要としません。

Ex

主な特長

  • 省スぺース: 高密度: 最大256チャンネル
  • 長距離伝送: 最大5Km
  • 高信頼度: 使用温度範囲 -40℃ ~ +60℃保証
  • 故障伝播の防止: チャンネル絶縁設計
  • 耐サージ性能: 500V絶縁性能
  • 測定精度の向上: 18ビットの精度
  • 高速応答時間: 64チャンネル、0.4秒. 256チャンネル、1.6秒
  • 高速データ収集: 112Kボーレート通信速度
  • 消費電力の低減: 別電源は不要
  • 耐過酷環境性能: G3コンフォーマルコーティング
  • トラブルシューティング容易: 状態表示LED

ユニットの構成

マルチプレクサーD2000 ユニットの構成

マルチプレクサーの利点

連続して多くの変数をリモート から収集する場合、簡単な方法はマスタとスレーブユニットを使用して同じ2線ケーブルにより信号を多重化することが簡単なソリューションです。
これにより個別配線、伝送器、本安バリア及び入力チャンネルが不要になります。
データは一対又は2対(冗長化)通信ラインにより安全場所のゲートウエイに伝送されます。
ケーブルコスト削減だけでもこのソリューションは価値がありますが、加えて4-20mAループ計装が不必要となる利便があります。
結果、配線の削減と単純化、キャビネットスペース削減及び乱雑な配線がなくなります。

コストと
設置費用
削減

  • フィールド配線と敷設費用の激減
  • 安全場所のゲートウエイからフィールドユニットは最大5kmまで離せます。
  • DCSシステム又はPLCのAIカードが不要になります。
  • 防爆認証された外部電源なしでZone 1(第一類危険箇所)に設置できます。
  • システム当たり最大256点;拡張により最大7.936チャンネルまで可能
  • 信号の分解能18ビット及び高速通信
  • 簡単、堅牢ユニット及び長年の使用実績からの信頼性
  • 危険場所までは冗長化通信ライン採用(専用プロトコル)
  • DCSシステム又はPLCとの通信と冗長化されたMODBUS(モドバス)RTU採用

D2050M

ゲートウエイ/電源
マルチプレクサー ユニット

D2010M-D2011M

アナログ/温度
マルチプレクサー ユニット

D2030M

スイッチ/近接センサ
マルチプレクサー ユニット

D2052M-D2053M

スイッチ/近接
出力リピータ

システム構成例

D2000マルチプレクサーは同じシステムでアナログ(温度信号)とデジタル入力信号取り込み、または両方を組み合わせた信号も処理します。ユーザは目的にあった最適なシステムを構築できるため、ケーブル布設費用など大きなコスト削減を達成できます。
例えば、次の2つ構成が可能となります。

D2000マルチプレクサーシステム構成例

マルチプレクサが唯一の解決策

プラントの更新または拡張の際、追加配線のスペースに制限があったり、既存の配線ケーブルが使用できる唯一の場合があります。
無線化も考えられますが幾つかの制限があり、また採用コストが高い、サイバーセキュリティリスクに対して脆弱です。

この場合、マルチプレクサがしばしば唯一のソリューションとなります。

カスタム
ソリューションも
提供

事前に組み立てられ、完全に配線したカスタム設計の収納容器を何種類かの構成、サイズ及び材質で提供しています。
フィールドユニットとゲートウエイ間を接続する専用のカスタム設計されたFISCO(フィスコ)ケーブル(注文番号:CABF008) も提供しています。

危険場所設置マルチプレクサ

危険場所の使用には各信号は爆発性雰囲気ガスの発火危険からの保護が必要です。
通常の場合、各チャンネルごとに本安防爆バリアが必要となります。
本安防爆マルチプレクサを使用する場合、通信ラインのみ本安防爆を適用すればよく、複雑さが解消され、保守点検費用が低減されます。

危険場所設置マルチプレクサー

ソフトウエアによるコンフィギュレーション

簡単設定

SWC2090 ソフトウエア・コンフィギュレーションユニット

以下のことが簡単にできます。

  • 貴方のコンピュータ/Laptopを使用してRS232又はRS485通信配線によりマルチプレクサのコンフィギュレーションとモニタリング
  • ユーザーインターフェース
  • 完全な報告書の印刷
  • コンフィギュレーション・データをファイルとしてバックアップ
  • 多言語対応
ソフトウェアによるマルチプレクサーのコンフィギュレーション

本安マルチプレクサーシステム 型式一覧・データシート

型式 Ch.数 入力 機能 配線モニタリング 設置場所 備考 取扱
説明書
データ
シート
在庫
D2010M 16 アナログ – 温度 フィールド・
マルチプレクサー
危険場所 チャンネル間絶縁 英文 英文  
D2011M 16 アナログ – 温度 拡張モジュール 危険場所 チャンネル間絶縁 英文 英文  
D2030M 32 デジタル – 近接 フィールド・
マルチプレクサー
危険場所 チャンネル間絶縁 英文 英文  
D2050M 256 フィールドユニットの信号 ゲートウェイ 安全場所 冗長化通信 英文 英文  
D2052M 32 D2050MからのDI信号 リピータ 安全場所 リレー出力 英文 英文  
D2053M 32 D2050MからのDI信号 リピータ 安全場所 無電圧接点出力 英文 英文  
D1090Q 4 mA / A シャント
モジュール
危険場所 電流入力シャント      
D1094Q 4 V Divider Module 危険場所 Voltage Input Divider